佐賀県地質調査業協会
令和2年度 第1回(通算第22回)地盤工学セミナー 開催要領
主催:
一般社団法人 佐賀県地質調査業協会
共催: 公益社団法人 地盤工学会九州支部佐賀地区
後援: 佐賀県

 「地盤リスクと斜面防災」

 地質調査業に対する認識の高揚と技術力の向上を図ることを目的として、第22回地盤工学セミナーを下記要領により開催することといたしました。
 ご多忙の折りとは存じますが、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日 時 令和2年07月29日(水) 13:00~17:00
場 所 アバンセ 第1研修室〔佐賀県立生涯学習センター〕
 佐賀市天神三丁目2-11 TEL:0952-26-0011
参加者 国、県、市町、公社等の担当職員
当協会員及び建設関連企業職員等
参加料 会員・行政機関の方 2,000円、会員以外の方 5,000円
(申込み用紙参照、講習資料代)
定 員 60名 (先着順、定員に達し次第締め切ります。参考:施設定員117名)
認定講習 CPDS 4ユニット No.584680
CPD 3単位 No.202006120004
※当日は、本人確認のための身分証を持参ください。

【プログラム】
13:00

13:10
開会挨拶
 (一社)佐賀県地質調査業協会 理事長 原  裕
13:15

14:45
「地盤リスクの要因と低減策」
講 師: 田上 裕 氏(基礎地盤コンサルタンツ(株)九州支社 顧問)

概 要: 一般に地盤リスクの要因として、地盤が持つ性質(不均質、地下でみえない、調査は点、など)に着目されがちである。ただし、それ以外の大きな要因として、地盤の調査・試験方法やその種類の選択ミス、設計式・解析式の選択ミス、技術者の判断ミス、などの人為的なリスク要因が挙げられる。本講演では、特に人為的な要因について失敗・成功事例を紹介し、如何にすればリスクを低減し、地盤上に合理的に物を作ることができるかについて解説する。
14:45

15:00
休憩
15:00

16:30
「湛水斜面における機構解析と対策」
講 師: 川嶋 睦義 氏(国土防災技術(株)九州支社 技術部長)

概 要: 近年においても毎年のように豪雨災害が発生し、気象変動の影響が顕著化していることを実感することが多くなってきた。その中には天然ダムの形成、河川氾濫などにより、斜面前面に水が溜まる湛水斜面への対応機会も増えてきたと感じる。本セミナーでは、湛水斜面の機構解析(基準水面法)の特徴と留意点を説明し、その対策を概説する。
16:35

16:45
閉会挨拶
 (一社)佐賀県地質調査業協会 副理事長 植田 雅典

※参加申込みを締め切りました。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

Copyright(C) 2011-2020 一般社団法人佐賀県地質調査業協会 All Rights Reserved.